about

近年、全国的に鹿や猪が増えすぎてしまい農作物被害が深刻化しています。ここ伊豆半島も例外ではありません。
各地で個体数調整活動は行われていますが、ハンターの高齢化や後継者不足で被害が食い止められない地域も多く、それに伴い農業を辞めてしまう農家が後を絶ちません。
また、個体数調整された鹿や猪の9割が有効活用されることなく廃棄されています。
解体することも容易ではなく、流通のハードルも高いため活用がうまくいっているとは言い難い状況にあります。

私たちしっぽ企画は、農作物被害対策によって個体数調整された鹿や猪を最大限有効活用するために、捕獲から製品づくりまで夫婦2人で行なっています。
肉はペットフードとして、皮は皮革として。頂いた命を大切に大切に使い切ることをモットーに活動しています。